• ホーム
  • 避妊薬は生理痛の緩和にも効果がある

避妊薬は生理痛の緩和にも効果がある

考えている女性

ピルの色々な用途についてご存知ですか?みなさんが知っての通り、ピルは避妊薬として知られる薬です。
正しく服用すれば100%の確率で、避妊の効果を得られます。
また、知らない方も多いですが生理痛の緩和などにもピルは効果があります。
実際クリニックでは生理痛を緩和させたいけれど、どうしたら良いのかと悩む女性に処方して、治療に用いられているのです。
なぜ、ピルが生理痛の緩和に有効なのか知るには、生理痛が起こる原因を知る必要があります。
女性は卵巣からエストロゲンと、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンが分泌されています。
この2つの女性ホルモンの量が、変化する事で排卵したり生理が始まるのです。
プロゲステロンは排卵後に増える女性ホルモンで、子宮内膜を厚くする働きを持っています。
子宮内膜が厚くなると受精卵が着床しやすくなる為、女性にとってプロゲステロンは無くてはならない女性ホルモンです。
しかし、あまりにも子宮内膜が厚くなり過ぎてしまうと、生理痛を引き起こす1つの原因となってしまいます。
子宮内膜内にはプロスタグランジンという物質が、多く含まれています。
プロスタグランジンは子宮を収縮させ、経血の排出を促す物質です。
プロゲステロン量が多く子宮内膜が厚くなり過ぎると、このプロスタグランジンも量も多くなり、生理となった時に強く子宮が収縮される為、生理痛を感じるのです。
ピルにはエストロゲンと、プロゲステロンと同じ作用を行うホルモン剤が含まれています。
服用する事で女性ホルモン量が一定となり、子宮内膜が厚くなり過ぎるのを防ぎ結果、生理痛を緩和する事が可能です。
生理痛は個人差がありますが中には、痛みのあまり寝込んでしまう方もいる程、強い痛みに襲われるケースもあります。
ずっと我慢するのではなく、ピルの力を借りて生理痛をコントロールしてみましょう。

関連記事