• ホーム
  • 避妊薬のメリットと基礎知識!

避妊薬のメリットと基礎知識!

カプセルと葉

避妊薬といえば、低用量ピルが一般的ですが、アフターピルとよばれるセックスをしたあとに緊急で飲む避妊薬もあります。
前述の低用量ピルは、これは毎日継続をして服用をするものです。
普段から服用をすることによって、望まぬ妊娠を避けることができます。
コンドームの使用での避妊は100パーセントではなく、行為中に破損することもあります。
またいざというときにコンドームがない場合もあります。
低用量ピルは、これらのデメリットをカバーすることがあります。
また、避妊以外にも、生理をコントロールすることができるというメリットがあります。
生理不順の場合には、低用量ピルを服用することで、規則正しいバランスを保つことができ、旅行などの予定もたてやすくなります。
重い生理痛が軽くなったり、出血の量を少なくすることができるというメリットもあります。
そしてもうひとつ基礎知識として知っておかなければならないのが、アフターピルとよばれる避妊薬です。
これは普段から服用をするものではなく、妊娠のおそれがあるセックスをしたあとに、緊急的に避妊をするために服用をするものです。
アフターピルを服用することによって、排卵を遅らせたり、また着床をするのを防ぐはたらきがあります。
日本においては、婦人科などで2種類のアフターピルを処方してもらうことができます。
どちらもセックスをしてから72時間以内に服用をする必要があり、早ければ早いほど、避妊の効果が高くなります。
これらは、吐き気や頭痛といった副作用が起こる場合もあります。
アフターピルはあくまでも緊急の避妊薬であるため、妊娠を望まない場合には、低用量ピルやコンドームをふだんから使用するほうが望ましいといえます。

関連記事
人気記事一覧