News
心配している女性

欧米諸国ではもはや常識として広がっているのが女性用の避妊薬です。
それにも関わらず、日本人の間では依然として知名度が低く、若い男女の中には存在すら知らない方もいます。
日本と欧米を比較すれば、海外のほうがセックス頻度が高く、そういった需要が高い背景があるのかもしれません。
しかし、近年では日本人カップルや夫婦のセックス頻度も欧米並みとなりました。
望まない妊娠を避ける必要性に、国籍やお国柄は一切関係ありませんので、日本人の間でももっと普及して良いはずです。
日本であまり避妊薬の利用が広がらない理由として、まず最初に考えられますのが入手方法の点かもしれません。
欧米諸国に比べ、日本の国では専門的な医薬品が手に入れづらいです。
トリキュラーなどの安全性が高い低用量ピルも例外ではなく、気軽に身近なお店で買う事が出来ません。
男性用の避妊具などはコンビニエンスストアやドラッグストアで販売されていますが、低用量ピルは婦人科のあります大きな病院に行く事でしか手に入れられません。
また入手に関する費用も比較的高いため、一度や二度、過去に低用量ピルを病院から処方してもらった女性の方々も、その後、きちんと飲み続けにくいです。
また日本の性教育の中では、避妊具の利用が広く推奨されています。
低用量ピルよりもコンドームを男性に使用してもらった方が良い、といった指導が義務教育期間にも進められています。
実際は男女双方それぞれに避妊対策が必要であるにも関わらず、避妊は男性の仕事といった教育がなされており、女性自身が低用量ピルの存在やその重要性を、学生時代に学べないという背景があります。
そしてゆゆしき事に低用量ピルを飲み続けると、不妊症になる等の悪質なデマが流されていて、
本当は避妊薬を飲みたいと感じている女性を怯えさせるのような誤った情報を提唱する専門家が存在する事も、普及の妨げになっているのかもしれません。
トリキュラーの正しい飲み方を確認して低用量ピルの効果に対する誤解を解きましょう。

記事一覧

タイトルの結論を先に述べれば、避妊薬の成分によって痩せる、太る、ということはないです。 しかし場合に...

避妊薬は、定期的に服用することで避妊効果を得る低用量ピルや、避妊に失敗してしまったときに緊急対策とし...

笑顔の女性

中絶手術を受けると、どうしても子宮や体に負担をかけてしまいます。 肉体だけではなく精神的にも負担にな...

カプセルと葉

避妊薬といえば、低用量ピルが一般的ですが、アフターピルとよばれるセックスをしたあとに緊急で飲む避妊薬...

カプセルと葉

避妊薬は今では一般的になりました。 インターネットの普及に伴い、認知度もあがり、街のレディースクリニ...

考えている女性

ピルの色々な用途についてご存知ですか?みなさんが知っての通り、ピルは避妊薬として知られる薬です。 正...